欠陥住宅や手抜き工事の不安を解消します。

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

新築検査について

新築第三者検査を依頼したいのですが、いつまでに申し込みすればよいですか。
工事開始の1週間前までにはご依頼ください。(図面監査があるため)工事途中からの依頼も可能です。
業者へ検査を入れることをどのように伝えたら良い?何か参考になる例はないですか?
「御社を信用していますが、家は現場で造るものであり、ミスや勘違いがおきないとは言えない無事完成することはお互いの最終目的で、念のため自分側の第三者のチェックを入れたい。」などとお伝えいただければと思います。
新築検査を入れることで工事が止まり、工期が長くなりますか?
できる限り工程を止めないように調整して検査に伺います。 過去の経験上、重大な欠陥を指摘し、やり直ししたとき以外は工期が延びたことはありません。
検査を入れることで業者との関係が悪くなりませんか。
業者側にとっては、検査は入らないにこしたことはありません。ただ、きちんと現場をチェックし、指摘を直し無事完成すればお客様、業者にとっても良い事で、将来的な瑕疵の不安はお互いに軽減されます。間に第三者が入ることにより、品質面でのやりとりなどがスムーズになる事も多いです。新築検査では検査前に監督さんに注意事項などをあらかじめ説明し、トラブル予防に努めております。
新築検査は回数を選ぶ事になっていますが、最初少ない回数で安く勧めておいて後で回数が増えて金額UPすることは良くありますか?
今までの実績で、95%は最初の回数で検査完了しています。増える要素は初期に指摘事項が多く業者に対し不安が出る場合です。
性能評価の検査と第三者検査はやる事は一緒ですか?また、瑕疵保証の第三者検査とどう違いますか。
瑕疵保証検査や民間検査機関の中間検査よりは、性能評価の検査は細かく見ているようです。ただし、性能評価の検査は申請された評価項目どおりかの検査が中心で基本的には施工ミスを探すものではありません。
業者から依頼した検査では会社間で甘えが出る可能性が高いです。施工ミスや欠陥住宅を防ぎたい場合は、当社のようなお客さんから依頼する第三者検査をお勧めいたします。

性能評価をしている民間指定確認検査機関を日本弁護士連合会は平成18年2月に同機関制度の廃止を提言しました。
理由は、民間検査会社は競争の原理の上に立って「甘く緩い」業務を売りにして顧客(業者)の獲得を目指さなければならない(少なくともそういう誘惑を内在させる)からです。お客様が自分で依頼する検査にこそ業者への癒着がなく信頼が出来ると思います。

建売完成・中古検査について

建売完成検査、中古住宅検査で検査結果はすぐわかりますか。
検査終了時に口頭にてご説明し、希望があれば即日または翌日までに是正事項をまとめた速報結果をFAXまたはメールいたします。検査報告書は翌日~10日後に発送いたします。
建売完成検査、中古住宅検査ですが業者の立会いは必要ですか。
立会いの強制はいたしません。

欠陥検査について

建ててから数年経った家ですが最近欠陥ではないかと思うことがある。検査できますか。また金額はいくらですか。
可能です。まずは欠陥住宅検査 180,000円(税別、40坪以下)をお勧めいたします。徹底的に家を調べ、欠陥を整理し、そのあとの手段を指示、助言します。業者と話がこじれた場合、裁判などの紛争処理支援可能です。

料金について

検査の金額が他社に比べ安い?高い?
当社は安い方だと思います。検査金額の算定基準は検査時間+移動+書類作成の建築士の日当、事務所経費、車両経費などから算定しております。
あと、当社はフランチャイズ(FC)などの傘下ではありません。FC展開している場合、検査料の1/2が本部、1/4がFC店、1/4が外注検査員という配分もあるようです。つまり実質経費がかさみ、4倍の料金設定になっています。当社は営業社員もいませんので、余分な経費はかかりません。

共通

検査を依頼した際、こちらで用意するものを教えてください。
検査内容ページにも詳しく記載してありますが、建売、欠陥住宅検査の場合は検査当日に最低平面図2部、立面図1部、コピーをご用意ください。新築第三者検査は業者へ連絡を取り必要書類を取り寄せます。
指摘の指示、是正確認までやっていただけますか。
もちろん行います。写真による是正確認は無料ですが、再度是正確認のためだけに現場へ行く場合は追加料金がかかります。(99%写真確認で済んでいます)
検査の基準と、指摘が出る割合を教えてください。
建築基準法、同施行令、その他建築関係法令(国土交通省(旧建設省)告示を含む。)、契約時における最新の日本建築学会標準仕様書、若しくは住宅金融公庫の住宅金融公庫共通仕様書に定める技術基準を検査の基準としております。指摘が出る割合は99%です。(軽微なものも含む)
土日、祝日でも検査に来てくれますか。
可能です。
検査後、保険は付きますか。
現在、瑕疵担保保証があるため、重複して保険は掛けておりません。建築業者には現在法律で10年保証が義務付けられています。当社の検査の目的は「基準どおり造らせる」、「手抜き工事をなくす」です。きちんと検査をすれば保証を使うような瑕疵の発生は皆無です。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6916-8806 受付時間 9:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 青山建築コンサルタント  All Rights Reserved.