欠陥住宅や手抜き工事の不安を解消します。

欠陥住宅検査

欠陥住宅でお悩みの方

先ずは、当事務所で、欠陥住宅検査を受けられたお客様の声をお聞きください。

お客様にご記入頂いている内容

  1. 検査を依頼した理由
  2. 検査を受けた上での感想
  3. 当事務所を周りの方へ薦める事が出来るか否か

 

欠陥や異常に気付かれた方へ

建物の欠陥検査で、先ず必要なのは、建物全体の現状を把握する事です。

何が起因して、問題が発生しているのかを掴む事、並びに、今お気付きの事以外の問題点の有無、これらを調べる必要があります。

そのため、欠陥の内容を問わず、先ずは、建物全体を検査します。

以下の検査内容で欠陥住宅検査標準費用(40坪以下の木造住宅の場合)を、300,000円(税別)としています。但し、事案内容により全ての検査を行わない場合もありますが、費用の増減はありません。また建物の構造や規模により費用が変わりますので個々に見積をさせて頂きます。

  • 建物内外目視検査
  • 床下、屋根裏侵入検査
  • 水平垂直測定
  • 含水率検査
  • 赤外線カメラ検査
  • 非破壊コンクリート強度検査
  • 鉄筋探査
  • 詳細報告書作成費用

個々の欠陥内容により、地盤調査等の特殊検査が必要と考えられる場合は、別途見積もりをします。

尚、この検査で作成した詳細報告書は、建築会社への証拠書面、調停資料、裁判資料としてご利用頂く事が出来ます。

 

ピンポイント検査

基礎のひび割れ・クロスのひび割れ・家の傾き等が気になり、費用をあまりかけずに、構造上の重大な瑕疵があるのか否か取り敢えず観てもらいたいと云う方は、一度ご相談下さい。個々の内容をお聞きした上で、費用をお伝えします。

※支払い方法、キャンセル料、交通費、アフターフォローに関しては、「検査に関する規定」をご覧下さい。

  • 延床面積が132㎡(40坪)を超え165㎡(50坪)以下の場合は、1割増になります。
  • 165㎡を超える場合は、別途見積致します。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6916-8806 受付時間 9:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 青山建築コンサルタント  All Rights Reserved.